社会

渡航先の法知識など講習 政府、国際結婚の女性支援

投稿日:2017年9月5日 更新日:

 社会開発・人間安全保障省は、国際結婚を希望するタイ人女性向けに、海外渡航の際に詐欺や人身売買の標的にされたりしないよう、対応方法を教える講座を無料で提供する。
 講座では女性に行動の仕方や渡航先の国の法律知識、タイ政府から援助を受ける方法、カルチャーショックへの対応、渡航前の準備方法などを教える。
 同省高官のパチャリー・アラヤクン氏によると、タイ社会では国際結婚が以前より受け入れられるようになっており、国際結婚を経済状況の改善の手段として見る女性も増えてきているという。
 国際結婚に関する政府調査によると、2004年までに東北部(イサーン)地方出身の女性1万5000人以上が国際結婚し、合計で1ケ月当たり1億2200万バーツを家族に送金した。
 講座に参加した女性は「法的側面についての講習が役に立った」と話した。一方で、タイ人女性と結婚したドイツ人男性は、タイ政府に対して欧州諸国の夫向けに似たような講座を提供するよう要望。「タイの家族力学を理解していないと、多くの問題が生じる可能性がある」と述べた。

-社会

Copyright© 日刊ばんこく新聞 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.