経済

ファミマ、ケリーと提携 小包発送サービスを開始

投稿日:2017年9月22日 更新日:

 タイでコンビニエンスストア「ファミリーマート」を展開するセントラル・ファミリーマートは19日、香港物流大手ケリー・エクスプレスと提携し、小包発送の受付を開始したと発表した。
 セントラル・ファミリーマートのチラナン・プーパット社長は「電子商取引の拡大で消費者の生活がデジタル化する中で、コンビニエンスストアとしてさらなる利便性を提供したい」と話した。
 小包ボックスはミニ、S、Sプラスの3サイズ展開で最安35バーツから。同社は今年、バンコクと近郊県でケリーと提携するファミリーマート店舗を350店オープンさせる。
 ケリーは8月にオフィス用品通販のオフィスメイトと提携してすべての店舗で小包の受付を開始するなど、小売店やコンビニで販路を拡大している。
 ケリー・エクスプレスのアレックス・ウン社長によると、タイの物流産業の成長率は年間2~5%、電子商取引を利用した小包配送に関しては10~15%成長しているという。

-経済

Copyright© 日刊ばんこく新聞 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.